ドケルヴァン病

短母指伸筋腱と長母指外転筋腱が第1区画を通過する部分で狭窄性腱鞘炎である。手の使用頻度が多い労働者に多発し、治癒には長時間を要するのが普通である。

ドケルヴァン病を診断するための有名なテストにフィンケルシュタインテストがある。母子を内にして握りこぶしをつくり、手関節を他動的に尺屈した際に疼痛が誘発される。

新着ページ