インピンジメント症候群

インピンジメントとは衝突という意味で、インピンジメント症候群とは腕を上げる動作の繰り返しにより腱板(主に棘上筋腱)や肩峰下滑液包が炎症を起こすことによって、変性・肥厚した組織が烏口肩峰アーチと衝突し、肩の痛みや運動制限を引き起こ病態のことである。野球やテニス、バレーや水泳などの競技で散見される。

新着ページ